最新記事

Debian Backport: ブルズアイのバックポートで利用可能なすべてのアップグレードを一覧表示する方法
debian
apt
backports

Debian Backport: ブルズアイのバックポートで利用可能なすべてのアップグレードを一覧表示する方法

私は成功せずに検索しました。方法到着リストDebianバックポート(特にbullseye-backports)が提供するすべてのアップグレード: deb http://deb.debian.org/debian bullseye-backports main contrib non-freeに追加しました/etc/apt/sources.list。 sudo apt update正常に実行しました 私の仕事の結果はsudo apt list --upgradeable bullseye-backports「空」です。 実行しましたが、sudo apt list --upgradeable -t bullseye-backportsエラーが発生しました。 これを実行しましたsudo apt -t bullseye-backports upgrade。インストールする新しいパッケージのリスト、アップグレードする既存のパッケージのリスト、および展開全体を引き続き[Y/n]処理するオプションが表示されます。 簡単にする方法はないでしょうかリストからアップグレード可能なパッケージbullseye-backports?

Admin

Debian 11 から virtualenv を削除できません
debian
python
python3
virtualenv

Debian 11 から virtualenv を削除できません

私のDebianオペレーティングシステムは何度もアップグレードされ、現在バージョン11(Bullseye)です。もともとそれから始めましたが、python2今はもう欲しくありません。ただそうですpython3。virtualenvずっと前に設置してまだ使っていましたpython2。 私は完全な仕事をしましたdist-upgrade。 $ sudo apt-get update Hit:1 http://deb.debian.org/debian bullseye InRelease Get:2 https://deb.nodesource.com/node_14.x bullseye InRelease [4,586 B] Get:3 http://deb.debian.org/debian-security bullseye-security InRelease [48.4 kB] Hit:4 http://deb.debian.org/debian bullseye-updates InRelease Fetched 53.0 kB in 1s (49.9 kB/s) Reading package lists... Done $ sudo apt-get dist-upgrade Reading package lists... Done Building dependency tree... Done Reading state information... Done Calculating upgrade... Done The following packages have been kept back: libts-dev 0 upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 1 not upgraded. インストールされていることを確認してみると、virtualenv次のようになります。 $ which virtualenv /usr/local/bin/virtualenv アンインストールしようとしたがインストールされpipていないというメッセージが表示されます。 $ pip uninstall virtualenv WARNING: Skipping virtualenv as it is not installed $ sudo pip uninstall virtualenv WARNING: Skipping virtualenv as it is not installed. $ pip3 uninstall virtualenv WARNING: Skipping virtualenv as it is not installed $ sudo pip3 uninstall virtualenv WARNING: Skipping virtualenv as it is not installed. もしこのようにインストールされた場合は、パッケージマネージャを使ってアンインストールしてみました。 $ sudo apt-get remove virtualenv --purge Reading package lists... Done Building dependency tree... Done Reading state information... Done Package 'virtualenv' is not installed, so not removed 0 upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 1 not upgraded. しかし、最終的にはまだインストールされていることがわかります。 $ which virtualenv /usr/local/bin/virtualenv 削除する理由は、実行しようとしたときにエラーが発生するためです。完全にアンインストールして再インストールすると、この問題が解決するかどうかを考えています。 $ virtualenv . Traceback (most recent call last): File "/usr/local/bin/virtualenv", line 7, in from virtualenv import main ModuleNotFoundError: No module named 'virtualenv' 削除する必要がありますか/usr/local/bin/virtualenv?これは悪い考えのようです。パッケージマネージャを使用して削除する方法はvirtualenv? アップデート1 - 以下virtualenvを使用してインストールを試みました。pip3 インストールは成功しましたが、virtualenvまだ実行できず、エラーは報告されません。 $ pip3 install virtualenv Defaulting to user installation because normal site-packages is not writeable Collecting virtualenv Using cached virtualenv-20.25.1-py3-none-any.whl.metadata (4.4 kB) Requirement already satisfied: distlib<1,>=0.3.7 in ./.local/lib/python3.9/site-packages (from virtualenv) (0.3.8) Requirement already satisfied: filelock<4,>=3.12.2 in ./.local/lib/python3.9/site-packages (from virtualenv) (3.13.3) Requirement already satisfied: platformdirs<5,>=3.9.1 in ./.local/lib/python3.9/site-packages (from virtualenv) (4.2.0) Using cached virtualenv-20.25.1-py3-none-any.whl (3.8 MB) Installing collected packages: virtualenv WARNING: The script virtualenv is installed in '/home/me/.local/bin' which is not on PATH. Consider adding this directory to PATH or, if you prefer to suppress this warning, use --no-warn-script-location. Successfully installed virtualenv-20.25.1 $ which virtualenv /usr/local/bin/virtualenv $ virtualenv --version Traceback (most recent call last): File "/usr/local/bin/virtualenv", line 7, in from virtualenv import main ImportError: cannot import name 'main' from 'virtualenv' (/home/me/.local/lib/python3.9/site-packages/virtualenv/__init__.py) $ virtualenv . Traceback (most recent call last): File "/usr/local/bin/virtualenv", line 7, in from virtualenv import main ImportError: cannot import name 'main' from 'virtualenv' (/home/me/.local/lib/python3.9/site-packages/virtualenv/__init__.py) これで、virtualenvファイルシステムの2つの場所に存在します。 $ which virtualenv /usr/local/bin/virtualenv $ sudo find /usr/ -iname "virtualenv" | grep bin /usr/local/bin/virtualenv $ sudo find /home/me/.local/ -iname "virtualenv" | grep bin /home/me/.local/bin/virtualenv $ ls -l /home/me/.local/bin/virtualenv -rwxr-xr-x 1 me me 238 Apr 7 13:06 /home/me/.local/bin/virtualenv

Admin

KDEの検索とアプリには「orphan-sysvinit-scripts」を更新する必要があると表示されますが、apt-getアップグレードは表示されません。 - インストールする必要がありますか?
debian
package-management
kde
upgrade
sysvinit

KDEの検索とアプリには「orphan-sysvinit-scripts」を更新する必要があると表示されますが、apt-getアップグレードは表示されません。 - インストールする必要がありますか?

KDEを使用してDebain12にアップグレードした後、パッケージマネージャのAppとDiscoverに「orphan-sysvinit-scripts」パッケージを更新する必要があることが示されます。 しかし、そのパッケージがインストールされていません。なぜ更新するのですか? またsudo apt-get upgrade、インストールする必要のあるパッケージは表示されません(The following packages have been kept back: sysv-rc-conf一部のユーザーが手動でインストールして削除する必要がある何百もの重要なパッケージを誤って削除した場合のみ表示されます)。 +auto:debian-stable-mainからバージョン0.14をインストールしようとしています。私の考えでは、apt-getのみを使用し、apt-getアップグレードコマンドも表示するパッケージのみを表示する必要があると思います。エラーレポートはここ。

Admin

GlobalProtect VPNはdebian12でWi-Fiを無効にします。
debian
wifi
kde
vpn

GlobalProtect VPNはdebian12でWi-Fiを無効にします。

私はDebian 12とKDE Plasmaバージョン:5.27.5を実行しています。 Palo AltoでGlobalProtect VPNを使用する際に問題があります。 (「GlobalProtect_deb-6.1.4.0-711.deb」) パッケージは以下を使用してインストールされました。ウェブサイトの指示: VPNは、LAN経由で接続すると非常にうまく機能します。ただし、Wi-Fiを使用するとループが生成されます。 まず、「Io」という有線イーサネット接続を作成して有効にします。 第二に、「Io」接続はWi-Fiを無効にし、「Io」が無効になるようです。 第三に、「Io」が無効になっているため、Wi-Fiが再び有効になり、1からサイクルが始まります。 通常の有線接続とWi-Fiの両方がある場合、Wi-Fiは無効にならず、同時にネットワークトラフィックで並行して実行されるため、奇妙に見えます。 この問題がパッケージに関連しているのか、オペレーティングシステムの構成の問題なのかを知っている人はいますか? 助けてくれてありがとう。

Admin

Virsh は仮想マシンに動的 IP アドレスを割り当てません。
debian
networking
libvirt

Virsh は仮想マシンに動的 IP アドレスを割り当てません。

libvirtが作成したプライマリネットワークに接続されているDebian 12ホストにKVMシステムを設定しようとしています。しかし、ネットワークがアクティブで利用可能ですが192.168.122.1/24... # ip addr show virbr0 55: virbr0: mtu 1500 qdisc noqueue state UP group default qlen 1000 link/ether 52:54:00:16:d4:1a brd ff:ff:ff:ff:ff:ff inet 192.168.122.1/24 brd 192.168.122.255 scope global virbr0 valid_lft forever preferred_lft forever ...割り当てられたIPアドレスがありません。VM(つまり、出力は空virsh net-dhcp-leasesです)。 切り捨てられた出力virsh dumpxml vm0は次のとおりです。 ...

... ネットワークダンプのXMLはdefault次のとおりです。 default e9f0c964-b736-4c6f-826f-0845a952f8ec を使用して問題を追跡しようとしましたが、journalctl成功しませんでした。

Admin

Debian 10 --> アップグレード後 11 GPG が破損
debian
apt
gpg

Debian 10 --> アップグレード後 11 GPG が破損

BusterサーバーをDebian 11 Bullseyeにアップグレードしました。しかしgpg今は壊れています。 apt update失敗したUnknown error executing apt-key apt-key --list失敗したgpg: symbol lookup error: gpg: undefined symbol: gpgrt_set_confdir, version GPG_ERROR_1.0 gpg上記のエラーにより、実行試行が失敗します。 2.2.27-2+deb11u2GPGはDebian Bullseye公式リポジトリのバージョンです。 オンラインで見つかった同様のエラーは、ソースからGPGを構築することに関するものです。しかし、私はそうせずにDebianリポジトリにバイナリをインストールしました。 GPG関連パッケージを再インストールしてみましたが、役に立ちませんでした。 この問題が解決したら、Debian 12にアップグレードする予定です。パッケージ署名を確認できないため、今はアップグレードできません。 出力ldd /usr/bin/gpg: linux-vdso.so.1 (0x00007ffdd2fbb000) libz.so.1 => /lib/x86_64-linux-gnu/libz.so.1 (0x00007fc36ee46000) libbz2.so.1.0 => /lib/x86_64-linux-gnu/libbz2.so.1.0 (0x00007fc36ee33000) libsqlite3.so.0 => /lib/x86_64-linux-gnu/libsqlite3.so.0 (0x00007fc36ecf0000) libgcrypt.so.20 => /lib/x86_64-linux-gnu/libgcrypt.so.20 (0x00007fc36ebd0000) libreadline.so.8 => /usr/local/lib/libreadline.so.8 (0x00007fc36eb79000) libassuan.so.0 => /usr/local/lib/libassuan.so.0 (0x00007fc36eb65000) libgpg-error.so.0 => /usr/local/lib/libgpg-error.so.0 (0x00007fc36eb41000) libc.so.6 => /lib/x86_64-linux-gnu/libc.so.6 (0x00007fc36e96d000) libm.so.6 => /lib/x86_64-linux-gnu/libm.so.6 (0x00007fc36e829000) libpthread.so.0 => /lib/x86_64-linux-gnu/libpthread.so.0 (0x00007fc36e807000) libdl.so.2 => /lib/x86_64-linux-gnu/libdl.so.2 (0x00007fc36e801000) libtinfo.so.6 => /lib/x86_64-linux-gnu/libtinfo.so.6 (0x00007fc36e7d2000) /lib64/ld-linux-x86-64.so.2 (0x00007fc36ef7e000)

Admin

apt:デフォルトの答えを「Y」から「N」に変更します。
debian
ubuntu
apt

apt:デフォルトの答えを「Y」から「N」に変更します。

RPM Linuxに何かをインストールするときにdnf最も簡単な呼び出しでメッセージが表示される場合、デフォルトの答えは「N」(いいえ)で、ユーザーは「Y」(または「y」)を押してからEnterキーを押してソフトウェアパッケージをインストールする必要があります。インストールを中止するには、Enterキーを押すだけです。 Debian ベースのシステムで同じことを行う場合、aptデフォルトは「Y」(yes) です。誤ってEnterキーを2回押すと、システムに重大な結果が生じる可能性があります(特にaptパッケージが試みたいパッケージと競合する場合)。 installを実行すると、パッケージは同じプロセスで削除されます。)) aptだから私の質問は:プロンプトもデフォルトで「N」に設定できますか? システムがデプロイされている間、これはエイリアスコマンドラインオプションではなく構成でなければなりません。

Admin

Debian 12のMacbook Pro 2013用Wi-Fiドライバ
debian
wifi
gnome
drivers
macintosh

Debian 12のMacbook Pro 2013用Wi-Fiドライバ

Thunderboltアダプタを介したインターネット接続を介してMacbook Pro 2013にDebian 12をインストールしました。 Wi-Fiドライバは自動的にインストールされません。少なくとも、基本設定メニューにはWi-Fi項目はありません。 私はlspci -vnn | grep -i netどんな種類のWi-Fiデバイスを持っているかを確認するために走りました。出力は次のとおりです 03:00.0 Network controller [0280]: Broadcom Inc. and subsidiaries BCM4360 802.11ac Wireless Network Adapter [14e4:43a0] (rev 03) Subsystem: Apple Inc. BCM4360 802.11ac Dual Band Wireless Network Adapter [106b:0112] 3c:00.0 Ethernet controller [0200]: Broadcom Inc. and subsidiaries NetXtreme BCM57762 Gigabit Ethernet PCIe [14e4:1682] Subsystem: Apple Inc. Thunderbolt to Gigabit Ethernet Adapter [106b:00f6] いくつかのガイドラインを提供する多くの情報源を特定しました。しかし、これまで何も効かなかった。たとえば、機能しないapt install broadcom-sta-dkms場合は両方とも応答します。sudo apt install firmware-b43-installerunable to locate package Debian 12 には、非フリーソフトウェアが自動的に含まれていると思って驚きました。そして確認してみると/etc/apt/sources.list次のような行が出てきます。 deb http://deb.debian.org/debian/ bookworm main non-free-firmware deb-src http://deb.debian.org/debian/ bookworm main non-free-firmware deb http://deb.debian.org/debian/ bookworm-updates main non-free-firmware deb-src http://deb.debian.org/debian/ bookworm-updates main non-free-firmware だから私はアイデアが足りません。 Wi-Fiを操作するにはどうすればよいですか?

Admin

システム起動時にPlymouthにFSCKメッセージを表示させるにはどうすればよいですか?
debian
systemd
fsck
plymouth
bootsplash

システム起動時にPlymouthにFSCKメッセージを表示させるにはどうすればよいですか?

メッセージ形式は、次の通信プロトコルを実装して、systemd-fsckdのfsckメッセージを処理するように構成されたカスタムPlymouthトピック(MIB Ossigenoベース)を作成しました。 fsckd::: 文書によると(8-systemd-fsckd.service) 実行時にテストモード(「起動後」)で、次のコマンドを使用します。 plymouthd; plymouth --show-splash ; for ((I=0; I<10; I++)); do plymouth --update=fsck:sda1:$I ; sleep 1; done; plymouth quit 特別なFSCKメッセージを使用して、plymouthは「ディスク1/1確認中(2%完了)」などの目的のメッセージを表示します。望むより:プリマス。 今まではそんなに良くなった。 ただし、システムを再起動すると、fsck メッセージは bootsplash に表示されません。ただし、Escを押してコンソールに切り替えると、fsckの進行状況メッセージが表示されます。 起動時にfsckを強制するためにune2fsとgrub()を交互に使用してGRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash fsck.mode=force fsck.repair=yes"効果があることを確認しました。 何らかの理由で、fsck と Plymouth 間の通信が正しく機能しないか、正しく動作しません。デフォルトのテーマ futureprototype も機能しません。問題はsystemd-fsckdにあるようです。起動時にsystemd-fsckdのジョブが実行されているかどうかを確認するには? 、問題が見つかったかどうかを示すレポートやステータスがありますか? 私は/run/initramfs/fsck.logをチェックします(これはよさそうです): ~# cat /run/initramfs/fsck.log Log of fsck -C -f -y -T -t ext4 /dev/sda1 Wed Feb 28 15:26:27 2024 e2fsck 1.47.0 (5-Feb-2023) Pass 1: Checking inodes, blocks, and sizes Pass 2: Checking directory structure Pass 3: Checking directory connectivity Pass 4: Checking reference counts Pass 5: Checking group summary information /dev/sda1: 212266/593344 files (0.2% non-contiguous), 1705537/2371072 blocks Wed Feb 28 15:26:30 2024 雑誌... ~# journalctl -u systemd-fsck* -- Boot f8b976dfd857400085057901577c56f9 -- feb 28 10:40:53 debian12 systemd[1]: Started systemd-fsckd.service - File System Check Daemon to report status. feb 28 10:41:23 debian12 systemd[1]: systemd-fsckd.service: Deactivated successfully. feb 28 10:51:02 debian12 systemd[1]: Started systemd-fsckd.service - File System Check Daemon to report status. feb 28 10:51:32 debian12 systemd[1]: systemd-fsckd.service: Deactivated successfully およびシステム制御 ~# systemctl status systemd-fsckd.socket ● systemd-fsckd.socket - fsck to fsckd communication Socket Loaded: loaded (/lib/systemd/system/systemd-fsckd.socket; static) Active: active (listening) since Wed 2024-02-28 15:26:31 -03; 16min ago Triggers: ● systemd-fsckd.service Docs: man:systemd-fsckd.service(8) man:[email protected](8) man:systemd-fsck-root.service(8) Listen: /run/systemd/fsck.progress (Stream) CGroup: /system.slice/systemd-fsckd.socket ~# systemctl status systemd-fsckd.service ○ systemd-fsckd.service - File System Check Daemon to report status Loaded: loaded (/lib/systemd/system/systemd-fsckd.service; static) Active: inactive (dead) TriggeredBy: ● systemd-fsckd.socket Docs: man:systemd-fsckd.service(8) fsck のディスクチェックにより、ブートプロセスが遅れたことをユーザーに知らせ、進行状況を確認するためのものです。すべてのリソースを使い果たしましたが、Web上で何も見つかりませんでした。一般的に私が見つけたのは、開始メッセージを隠すだけです。 ~# more /etc/debian_version 10.13 ~# uname -a Linux debian 4.19.0-26-686-pae #1 SMP Debian 4.19.304-1 (2024-01-09) i686 GNU/Linux 関係のない理由でDebian 10オペレーティングシステムで開発が行われましたが、Debian 12を使用しても同じ結果が出ました。 PD:潜在的に関連する詳細:Debian 10とDebian 12はVirtual Boxの仮想マシンでテストされました。 追加テスト: 最初のケース:Virtual Box の Debian 10. fsck メッセージが表示されず、ログに以下が表示されます。 root@debian:~# systemctl list-sockets | grep fsckd /run/systemd/fsck.progress systemd-fsckd.socket systemd-fsckd.service root@debian:~# journalctl -b /usr/lib/systemd/systemd-fsck -- No entries -- root@debian:~# journalctl -b /usr/lib/systemd/systemd-fsckd -- No entries -- root@debian:~# journalctl --boot | grep systemd-fsck* mar 04 13:07:01 debian systemd[1]: Listening on systemd-fsckd.socket - fsck to fsckd communication Socket. mar 04 13:07:01 debian systemd[1]: systemd-fsck-root.service - File System Check on Root Device was **skipped** because of an unmet condition check (**ConditionPathExists=!/run/initramfs/fsck-root**). root@debian:~# cat /run/initramfs/fsck.log Log of fsck -C -a -T -t ext4 /dev/sda1 Mon Mar 4 13:06:59 2024 /dev/sda1: clean, 212351/593344 files, 1708897/2371072 blocks Mon Mar 4 13:06:59 202 ケース2:実際のPC(amd64)のDebian 10。この場合、メッセージは表示されますが、プロセスの最後に数秒間表示されます。 fsck中は何も表示されません。 root@Dell:~# systemctl list-sockets | grep fsckd /run/systemd/fsck.progress systemd-fsckd.socket systemd-fsckd.service root@Dell:~# journalctl -b /usr/lib/systemd/systemd-fsck -- Logs begin at Mon 2024-03-04 15:58:16 -03, end at Mon 2024-03-04 19:25:01 -03. -- mar 04 15:58:21 Dell systemd-fsck[420]: e2fsck 1.44.5 (15-Dec-2018) mar 04 15:58:21 Dell systemd-fsck[420]: Pass 1: Checking inodes, blocks, and sizes mar 04 15:58:21 Dell systemd-fsck[420]: Pass 2: Checking directory structure mar 04 15:58:21 Dell systemd-fsck[420]: Pass 3: Checking directory connectivity mar 04 15:58:21 Dell systemd-fsck[420]: Pass 4: Checking reference counts mar 04 15:58:21 Dell systemd-fsck[420]: Pass 5: Checking group summary information mar 04 15:58:22 Dell systemd-fsck[420]: /dev/sda1: 1034/69360 files (0.7% non-contigu root@Dell:~# journalctl -b /usr/lib/systemd/systemd-fsckd -- Logs begin at Mon 2024-03-04 15:58:16 -03, end at Mon 2024-03-04 19:25:01 -03. -- -- No entries -- root@Dell:~# journalctl --boot | grep systemd-fsck* mar 04 15:58:21 Dell systemd-fsck[420]: e2fsck 1.44.5 (15-Dec-2018) mar 04 15:58:21 Dell systemd-fsck[420]: Pass 1: Checking inodes, blocks, and sizes mar 04 15:58:21 Dell systemd-fsck[420]: Pass 2: Checking directory structure mar 04 15:58:21 Dell systemd-fsck[420]: Pass 3: Checking directory connectivity mar 04 15:58:21 Dell systemd-fsck[420]: Pass 4: Checking reference counts mar 04 15:58:21 Dell systemd-fsck[420]: Pass 5: Checking group summary information mar 04 15:58:22 Dell systemd-fsck[420]: /dev/sda1: 1034/69360 files (0.7% non-contiguous), 189933/276480 blocks mar 04 15:59:01 Dell systemd[1]: systemd-fsckd.service: Succeeded. root@Dell:~# cat /run/initramfs/fsck.log Log of fsck -C -f -y -T -t ext4 /dev/sda2 Mon Mar 4 18:57:36 2024 e2fsck 1.44.5 (15-Dec-2018) Pass 1: Checking inodes, blocks, and sizes Pass 2: Checking directory structure Pass 3: Checking directory connectivity Pass 4: Checking reference counts Pass 5: Checking group summary information /dev/sda2: 673194/9551872 files (0.8% non-contiguous), 29651430/38200576 blocks Mon Mar 4 18:58:11 2024 ---------------- 状況3:実際のPC(amd64)のDebian 10には、grubメニュー(DebianとWindowsの他の起動可能なパーティション)に複数のエントリがあります。 root@5VQU7SN:~# systemctl list-sockets | grep fsckd /run/systemd/fsck.progress systemd-fsckd.socket systemd-fsckd.service root@5VQU7SN:~# journalctl -b /usr/lib/systemd/systemd-fsck -- Logs begin at Mon 2024-03-04 15:38:25 -03, end at Mon 2024-03-04 20:39:47 -03. -- -- No entries -- root@5VQU7SN:~# journalctl -b /usr/lib/systemd/systemd-fsckd -- Logs begin at Mon 2024-03-04 15:38:25 -03, end at Mon 2024-03-04 20:39:47 -03. -- -- No entries -- root@5VQU7SN:~# journalctl --boot | grep systemd-fsck* -- No entries -- root@5VQU7SN:~# cat /run/initramfs/fsck.log Log of fsck -C -f -y -T -t ext4 /dev/sda6 Mon Mar 4 18:37:59 2024 e2fsck 1.44.5 (15-Dec-2018) /dev/sda6: recovering journal Clearing orphaned inode 15992282 (uid=1000, gid=1000, mode=0100644, size=32768) Clearing orphaned inode 15991323 (uid=1000, gid=1000, mode=0100600, size=460) Clearing orphaned inode 15990858 (uid=1000, gid=1000, mode=0100644, size=4132) Clearing orphaned inode 15990852 (uid=1000, gid=1000, mode=0100600, size=131072) Clearing orphaned inode 15990840 (uid=1000, gid=1000, mode=0100644, size=4132) Clearing orphaned inode 15990827 (uid=1000, gid=1000, mode=0100644, size=4132) Clearing orphaned inode 15990826 (uid=1000, gid=1000, mode=0100644, size=4132) Clearing orphaned inode 15990859 (uid=1000, gid=1000, mode=0100644, size=4132) Pass 1: Checking inodes, blocks, and sizes Pass 2: Checking directory structure Pass 3: Checking directory connectivity Pass 4: Checking reference counts Pass 5: Checking group summary information Free blocks count wrong (112010854, counted=112010689). Fix? yes Free inodes count wrong (28961618, counted=28961585). Fix? yes /dev/sda6: ***** FILE SYSTEM WAS MODIFIED ***** /dev/sda6: 292047/29253632 files (0.3% non-contiguous), 4981311/116992000 blocks fsck exited with status code 1 Mon Mar 4 18:38:19 2024 ---------------- 問題はかなり複雑になっていますが、どこに進むべきかわかりません。プロの学生がこの問題を解決するのに役立つことを願っています。 ステータスの更新: 基本的なPlymouthテーマは他のコンピュータでも動作することがわかり、テーマをインストールしたときも動作しました。私は数日間grub、fsck、plymouthの設定を確認しましたが、違いは見つかりませんでした。そのPCでは、/bootディレクトリはルートディレクトリとは異なるパーティションにマウントされていることがわかるまでは言葉です。それぞれ/bootを使用して、物理PCと仮想PCの両方にDebianを最初からインストールします。効果がありました! systemd-fsckのバグですか?

Admin

2つのrarアーカイブを解凍し、内容を順番に維持する方法は?
debian
directory-structure
archive

2つのrarアーカイブを解凍し、内容を順番に維持する方法は?

2つのrarアーカイブを解凍し、内容を順番に維持する方法は?アーカイブは、.part1、.part2ではなく、フォルダにビデオレッスンを含む2つの別々のアーカイブです。最初のアーカイブと2番目のアーカイブのフォルダ名が部分的に重複しています。コースサブフォルダーを含むアーカイブコンテンツを1つのフォルダーにマージする必要があります。単独で抽出するとエラーが発生し、抽出されたフォルダの一部が空になります。 [Linux Debian、xarchiver]。

Admin

Debian sidにパスを再インストールする
debian
gpg

Debian sidにパスを再インストールする

pass私のDebian SID設定から最近削除されました。GPG(例dirmngr gpg gpg-agent gpg-wks-client gpgsm gpgconf gpgv:)不安定なバージョン2.2.40-3にアップグレードされました。 この時点で再インストールするには2.2.40.1にpassダウングレードが必要です。削除しないでください他のいくつかのパッケージを削除せずにgpgダウングレードするためのきちんとした方法はありますか?apt-get エラー履歴: #apt install pass Some packages could not be installed. This may mean that you have requested an impossible situation or if you are using the unstable distribution that some required packages have not yet been created or been moved out of Incoming. The following information may help to resolve the situation: Unsatisfied dependencies: gnupg : Depends: dirmngr (< 2.2.40-1.1.1~) but 2.2.40-3 is to be installed Depends: gpg-agent (< 2.2.40-1.1.1~) but 2.2.40-3 is to be installed Depends: gpg-wks-client (< 2.2.40-1.1.1~) but 2.2.40-3 is to be installed Depends: gpg-wks-server (< 2.2.40-1.1.1~) but it is not going to be installed Depends: gpg-wks-server (>= 2.2.40-1.1) but it is not going to be installed Depends: gpgsm (< 2.2.40-1.1.1~) but 2.2.40-3 is to be installed Error: Unable to correct problems, you have held broken packages. apt policy gnupgプログラム gnupg: Installed: (none) Candidate: 2.2.40-1.1 Version table: 2.2.40-3 200 […] sid/main […] 2.2.40.1.1 500 […] bookworm/main […] 私は最近、次のDebianリリースの一部としてsidからテストに切り替えるために、testingピンの優先順位を500(sid200)に設定しました。/etc/apt/preferences

Admin