最新記事

パッケージのアップグレードを強制するのを防ぐ方法
linux
ubuntu
gnome
gnome-shell

パッケージのアップグレードを強制するのを防ぐ方法

私はLinuxを初めて使用しており、Gnome拡張機能と私のシステムに以前のバージョンがあるlibmutterというパッケージを使用してLinuxでカスタマイズを試みました。 パッケージをダウンロードしようとするたびに、次のエラーが発生します。 ~ sudo apt install peek Reading package lists... Done Building dependency tree... Done Reading state information... Done You might want to run 'apt --fix-broken install' to correct these. The following packages have unmet dependencies: gir1.2-mutter-10 : Depends: libmutter-10-0 (= 42.9-0ubuntu5) but 42.2-0ubuntu1 is to be installed gnome-shell : Depends: libmutter-10-0 (>= 42.9) but 42.2-0ubuntu1 is to be installed peek : Depends: ffmpeg Depends: libkeybinder-3.0-0 (>= 0.3.0) but it is not going to be installed Recommends: gstreamer1.0-plugins-ugly but it is not going to be installed E: Unmet dependencies. Try 'apt --fix-broken install' with no packages (or specify a solution). ただし、sudo apt -fix-broken installを実行するとlibmutterが最新バージョンにアップグレードされ、パッケージが機能しなくなりますが、他のパッケージは正しくインストールされ、変更を適用するにはzipファイルから手動でdpkgを実行してログアウトする必要があります。 解決策はありますか?

Admin

起動後にエラーが発生したZFSドライブを交換してみてください。 2番目のディスクを回復した後、再起動できません。
ubuntu
zfs

起動後にエラーが発生したZFSドライブを交換してみてください。 2番目のディスクを回復した後、再起動できません。

私のディスクは次の状態です。 zpool status pool: data state: DEGRADED scan: resilvered 1.49G in 05:08:02 with 0 errors on Sat Jan 6 18:35:13 2024 config: NAME STATE READ WRITE CKSUM data DEGRADED 0 0 0 raidz2-0 DEGRADED 0 0 0 ata-ST8000VN0022-2EL112_ZA1G3L0J ONLINE 0 0 0 ata-ST8000VN0022-2EL112_ZA1GFZGP ONLINE 0 0 0 ata-ST8000VN0022-2EL112_ZA1G3BC0 ONLINE 0 0 0 replacing-3 UNAVAIL 0 0 0 insufficient replicas 2422871744397392782 UNAVAIL 0 0 0 was /dev/disk/by-id/ata-ST8000VN0022-2EL112_ZA1G3A0E-part1 ata-ST8000VN004-3CP101_WWZ3W4DB FAULTED 3 0 0 too many errors ata-ST8000VN0022-2EL112_ZA1FMCMG ONLINE 0 0 0 errors: No known data errors スキャンメッセージは最後のドライブから表示され、#3を交換しようとするとエラーが発生します。私はそれを交換し、今#3を再試行して自分で修正するように努めていますが、何も機能しません。 私は強制的に同じ交換を試みました。交換用ディスクをオンラインにし、ディスクとプール全体を消去しました。何もありません。ただそこに立ち往生していました。 すぐに再起動するにはどうすればよいですか?

Admin

フォルダ/と/フォルダの違い
linux
ubuntu
rhel
directory-structure

フォルダ/と/フォルダの違い

この質問にはすでに答えがあります。: 絶対/正規/相対パス (回答1個) ディレクトリにスラッシュをいつ使用する必要がありますか? [コピー] (回答4個) 閉鎖4ヶ月前。 この記事は編集され、レビューのために提出されました。4ヶ月前投稿を再開できませんでした。 もともと閉鎖理由は解決されませんでした。 パスの基本(フォルダ/と/の違いは何ですか)については少し混乱しています。 私は2つの違いが何であるかを理解したいと思います。検索しようとしましたが、関連する適切な情報を取得できませんでした。

Admin

カーネルのアップグレード後、Linux インターフェイス名が eno0 から eno0s1 に変更されました。
linux
ubuntu
linux-kernel
network-interface

カーネルのアップグレード後、Linux インターフェイス名が eno0 から eno0s1 に変更されました。

カーネルv5.16を含むUbuntu 22.04では、ネットワークインターフェイス名はeno1。ただし、カーネルv6.7にアップグレードした後、インターフェイス名がeno1s0。 なぜこのような変化が起こったのか?カーネルに前の名前を最後に追加せずにeno0強制的に使用することはできますか?s0

Admin

Flatpakアプリがリンクを開くことができません
ubuntu
d-bus
flatpak
links

Flatpakアプリがリンクを開くことができません

フラットパックについてよくわからないので、どこを見るべきかわかりません。 Thunderbird FlatpakからFirefox Flatpakへのリンクを開くことができません。 周りを見回すと、それが問題だと思います。Webポータル。ただし、次のようにデバッグしようとしたときにflatpak run --log-session-bus org.gnome.Mapsアプリでリンクをクリックすると、ログにポータル関連の問題が表示されないようです(少なくとも表示されません)。 C63: -> org.freedesktop.DBus call org.freedesktop.DBus.AddMatch at /org/freedesktop/DBus C64: -> org.freedesktop.DBus call org.freedesktop.DBus.AddMatch at /org/freedesktop/DBus C65: -> org.freedesktop.DBus call org.freedesktop.DBus.StartServiceByName at /org/freedesktop/DBus B40: <- org.freedesktop.DBus return from C63 B41: <- org.freedesktop.DBus return from C64 B42: <- org.freedesktop.DBus return from C65 C66: -> org.freedesktop.DBus call org.freedesktop.DBus.GetNameOwner at /org/freedesktop/DBus B43: <- org.freedesktop.DBus return from C66 C67: -> :1.80 call org.freedesktop.DBus.Properties.GetAll at /org/freedesktop/portal/desktop B1171: <- :1.80 return from C67 C68: -> :1.80 call org.freedesktop.portal.OpenURI.OpenURI at /org/freedesktop/portal/desktop B1172: <- :1.80 return from C68 B1175: <- :1.80 signal org.freedesktop.portal.Request.Response at /org/freedesktop/portal/desktop/request/1_715/gtk2129782386 私は理解できません。アイデア? 私のオペレーティングシステム: 6.2.0-36-generic #37~22.04.1-Ubuntu SMP PREEMPT_DYNAMIC Mon Oct 9 15:34:04 UTC 2 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux フラットバージョン: Flatpak 1.12.7

Admin

systemd-networkd は Ubuntu 22.04 で vxlan インターフェイスを生成しません。
ubuntu
networking
systemd-networkd

systemd-networkd は Ubuntu 22.04 で vxlan インターフェイスを生成しません。

systemd-networkdUbuntu 22.04でVXLANインターフェイスを定義したいです。 だから、次の2つのファイルを生成しますsystemctl restart systemd-networkd。 # /etc/systemd/network/my-vxlan.netdev [NetDev] Name=myvxlan Kind=vxlan [VXLAN] VNI=5000 DestinationPort=4789 # IP of host system Local=192.168.0.5 # IP of remote system Remote=192.168.0.6 # /etc/systemd/network/my-vxlan.network [Match] # this interface should be used for in-/outbound VXLAN packages Name=eth0 [Network] VXLAN=myvxlan # IP Address of this host on the VXLAN interface Address=192.168.1.1/24 # Gateway IP of the VXLAN interface Gateway=192.168.1.1 残念ながら、インターフェイスは表示されません。networkctlデフォルトインターフェイスのみが一覧表示されます。 IDX LINK TYPE OPERATIONAL SETUP 1 lo loopback carrier unmanaged 2 eth0 ether routable configured 2 links listed. ログで実際に設定が見つかったことを確認できます。 > journalctl -u systemd-networkd.service |grep myvxlan systemd-networkd[1805]: myvxlan: loaded vxlan これはネットワーク定義に関連しているようです。ファイルIndependent=yesにパラメータを追加すると、インターフェイスは作成されますが、ネットワーク設定は適用されません。my-vxlan.netdev Ubuntuで使用していることは知っていますが、バックエンドnetplanとして使用されているので、うまく機能します。networkd これをどのように設定できるか知っていますか?

Admin

Ubuntu Mate 23.04にUmbrelをインストールできない
ubuntu
terminal
mate-desktop

Ubuntu Mate 23.04にUmbrelをインストールできない

curl-Lを実行すると問題がたくさん発生します。https://umbrel.sh|バッシュ Err:4 http://deb.debian.org/debian buster InRelease The following signatures couldn't be verified because the public key is not available: NO_PUBKEY 648ACFD622F3D138 NO_PUBKEY 0E98404D386FA1D9 NO_PUBKEY DCC9EFBF77E11517 Err:6 http://deb.debian.org/debian-security buster/updates InRelease The following signatures couldn't be verified because the public key is not available: NO_PUBKEY 112695A0E562B32A NO_PUBKEY 54404762BBB6E853 Err:7 http://deb.debian.org/debian buster-updates InRelease The following signatures couldn't be verified because the public key is not available: NO_PUBKEY 648ACFD622F3D138 NO_PUBKEY 0E98404D386FA1D9 W: GPG error: http://deb.debian.org/debian buster InRelease: The following signatures couldn't be verified because the public key is not available: NO_PUBKEY 648ACFD622F3D138 NO_PUBKEY 0E98404D386FA1D9 NO_PUBKEY DCC9EFBF77E11517 E: The repository 'http://deb.debian.org/debian buster InRelease' is not signed. N: Updating from such a repository can't be done securely, and is therefore disabled by default. N: See apt-secure(8) manpage for repository creation and user configuration details. W: GPG error: http://deb.debian.org/debian-security buster/updates InRelease: The following signatures couldn't be verified because the public key is not available: NO_PUBKEY 112695A0E562B32A NO_PUBKEY 54404762BBB6E853 E: The repository 'http://deb.debian.org/debian-security buster/updates InRelease' is not signed. N: Updating from such a repository can't be done securely, and is therefore disabled by default. N: See apt-secure(8) manpage for repository creation and user configuration details. W: GPG error: http://deb.debian.org/debian buster-updates InRelease: The following signatures couldn't be verified because the public key is not available: NO_PUBKEY 648ACFD622F3D138 NO_PUBKEY 0E98404D386FA1D9 E: The repository 'http://deb.debian.org/debian buster-updates InRelease' is not signed. N: Updating from such a repository can't be done securely, and is therefore disabled by default. N: See apt-secure(8) manpage for repository creation and user configuration details. どうすればいいですか?

Admin

Kubuntuは終了しません
ubuntu
kde
shutdown
kubuntu

Kubuntuは終了しません

6.5.0-14 汎用カーネルを使用して Kubuntu 23.10 (Kubuntu はデフォルトでは Ubuntu + KDE Plasma デスクトップ) を実行するワークステーションを構築しました。仕様:ASUS Pro WS WRX80e-sage SE Wifi iiマザーボード、Threadripper Pro 5955WX、Nvidia RTX A6000 Ada GPU。 電源を切って寝るのも機能しませんshutdown -P now。画面は暗くなりますが、ファンの速度は速くなり、マシンはまだ動作しているようです(または再起動している可能性があります。わかりません)。電源を切る唯一の方法は、物理的な電源ボタンを長押しすることです。実行も不規則です。時には動作させるには4〜5回の試みが必要です。ただし、機能を追加するのに役立ち、nosplash nouveau.modeset=0現在のシャットダウンの問題は大きな問題です。 Ubuntu 22.04とLinux Mintでも同じ問題が発生しました。 最新の正しいNvidiaドライバ(535-server)をインストールし、多数のgrubを調整しようとしましたが、成功しませんでした。ツアーを見るなど、関連するエラーがjournalctlたくさん表示されます。sddmsddm-helpersddm.service: 最後の SIGKILL 後もプロセスはまだ存在します。sddm.service「.Linuxウィザードのうち、これがシャットダウンの問題を引き起こしているのか、それとも中断の原因が何であるのかを知っていますか? アップデート1:REISUOの終了方法正しく終了しますが、再起動すると問題が発生します(黒い画面、停止など)。 アップデート2:正しく使用されます。pm-utils パッケージただし、同じパッケージを使用した休止状態は失敗します。 sudo apt install pm-utils sudo pm-suspend #works sudo pm-hibernate #fails (screen goes black but machine stays on) 以下は、引用された出力の例ですsddm。 journalctl -u sddm Sep 27 22:53:55 mlbox1 sddm-helper[2103]: Starting: "/etc/sddm/Xsession \"/usr/bin/startplasma-x11\"" Sep 27 22:53:55 mlbox1 sddm[1939]: Session started Sep 27 23:04:35 mlbox1 sddm[1939]: Authentication error: "Process crashed" Sep 27 23:04:35 mlbox1 sddm[1939]: Auth: sddm-helper crashed (exit code 15) Sep 27 23:04:35 mlbox1 sddm[1939]: Authentication error: "Process crashed" Sep 27 23:04:35 mlbox1 sddm[1939]: Auth: sddm-helper exited with 15 Sep 27 23:04:35 mlbox1 sddm[1939]: Socket server stopping... Sep 27 23:04:35 mlbox1 sddm[1939]: Socket server stopped. Sep 27 23:04:35 mlbox1 sddm[1939]: Display server stopping... Sep 27 23:04:35 mlbox1 systemd[1]: Stopping sddm.service - Simple Desktop Display Manager... Sep 27 23:04:35 mlbox1 sddm[1939]: Display server stopped. Sep 27 23:04:35 mlbox1 sddm[1939]: Running display stop script "/usr/share/sddm/scripts/Xstop" Sep 27 23:04:37 mlbox1 sddm[1939]: Removing display ":0" ... Sep 27 23:04:37 mlbox1 sddm[1939]: Adding new display on vt 1 ... Sep 27 23:04:37 mlbox1 sddm[1939]: Loading theme configuration from "" Sep 27 23:04:37 mlbox1 sddm[1939]: Display server starting... Sep 27 23:04:37 mlbox1 sddm[1939]: Adding cookie to "/var/run/sddm/{364427b8-4ed0-4b37-89a2-b6fb0d38af9d}" Sep 27 23:04:37 mlbox1 sddm[1939]: Running: /usr/bin/X -nolisten tcp -auth /var/run/sddm/{364427b8-4ed0-4b37-89a2-b6fb0d38af9d} -background none -noreset -displayfd 18 -seat seat0 vt1 Sep 27 23:04:38 mlbox1 sddm[1939]: Setting default cursor Sep 27 23:04:38 mlbox1 sddm[1939]: Running display setup script "/usr/share/sddm/scripts/Xsetup" Sep 27 23:04:38 mlbox1 sddm[1939]: Display server started. Sep 27 23:04:38 mlbox1 sddm[1939]: Socket server starting... Sep 27 23:04:38 mlbox1 sddm[1939]: Socket server started. Sep 27 23:04:38 mlbox1 sddm[1939]: Loading theme configuration from "/usr/share/sddm/themes/ubuntu-theme/theme.conf" Sep 27 23:04:38 mlbox1 sddm[1939]: Greeter starting... Sep 27 23:04:38 mlbox1 sddm[1939]: Signal received: SIGTERM Sep 27 23:04:38 mlbox1 sddm[1939]: Socket server stopping... Sep 27 23:04:38 mlbox1 sddm[1939]: Socket server stopped. Sep 27 23:04:38 mlbox1 sddm[1939]: Display server stopping... Sep 27 23:04:38 mlbox1 sddm-helper[29413]: [PAM] Starting... Sep 27 23:04:38 mlbox1 sddm-helper[29413]: [PAM] Authenticating... Sep 27 23:04:38 mlbox1 sddm-helper[29413]: [PAM] returning. Sep 27 23:04:43 mlbox1 sddm[1939]: Display server stopping... Sep 27 23:04:48 mlbox1 sddm[1939]: QProcess: Destroyed while process ("/usr/bin/X") is still running. Sep 27 23:05:18 mlbox1 sddm[1939]: QProcess: Destroyed while process ("/usr/lib/x86_64-linux-gnu/sddm/sddm-helper") is still running. Sep 27 23:06:48 mlbox1 systemd[1]: sddm.service: State 'final-sigterm' timed out. Killing. Sep 27 23:06:48 mlbox1 systemd[1]: sddm.service: Killing process 29379 (Xorg) with signal SIGKILL. Sep 27 23:08:18 mlbox1 systemd[1]: sddm.service: Processes still around after final SIGKILL. Entering failed mode. Sep 27 23:08:18 mlbox1 systemd[1]: sddm.service: Failed with result 'timeout'. Sep 27 23:08:18 mlbox1 systemd[1]: sddm.service: Unit process 29379 (Xorg) remains running after unit stopped. Sep 27 23:08:18 mlbox1 systemd[1]: Stopped sddm.service - Simple Desktop Display Manager. Sep 27 23:08:18 mlbox1 systemd[1]: sddm.service: Triggering OnFailure= dependencies. Sep 27 23:08:18 mlbox1 systemd[1]: sddm.service: Failed to enqueue OnFailure= job, ignoring: Transaction for plymouth-quit.service/start is destructive (local-fs.target has 'stop' job queued, but 'start' i> Sep 27 23:08:18 mlbox1 systemd[1]: sddm.service: Consumed 3min 55.135s CPU time. -- Boot a540e2f3bc6147c686be543095c0fd9b -- Sep 27 23:09:58 mlbox1 systemd[1]: Starting sddm.service - Simple Desktop Display Manager... Sep 27 23:09:58 mlbox1 systemd[1]: Started sddm.service - Simple Desktop Display Manager.

Admin

Unlock_time 以降もアカウントのロックは解除されません。
ubuntu
security
pam
account-restrictions

Unlock_time 以降もアカウントのロックは解除されません。

3回の試行に失敗した後、ユーザーアカウントをロックしたいと思います。以下に従います。ガイド。私はUbuntu 14.04(ジャンプホストのみ)を使用しています。ただし、10分経っても自動的にロックは解除されません。ロックを解除するには、次のコマンドを手動で実行する必要があります。 sudo pam_tally2 -u devops --reset

Admin

Doccano がポート 80 でサービスを依頼すると、「('0.0.0.0', 80) に接続できません。」: 問題は何ですか?
ubuntu
webserver
port

Doccano がポート 80 でサービスを依頼すると、「('0.0.0.0', 80) に接続できません。」: 問題は何ですか?

私は使うドカノUbuntu 22.04で。 Doccanoにポート80を提供するように依頼するとエラーが発生します。 "Can't connect to ('0.0.0.0', 80)"何が問題ですか? Doccanoにポート8000​​を提供するように頼むとうまくいきます。 完全なエラーメッセージ: (doccanopy310) ubuntu@ip-172-30-33-321:~$ doccano webserver --port 80 [2023-08-12 00:16:09 +0000] [36905] [INFO] [django_drf_filepond.apps::ready::61] App init: no django-storages backend configured, using default (local) storage backend if set, otherwise you need to manage file storage independently of this app. Starting server with port 80. [2023-08-12 00:16:09 +0000] [36905] [INFO] Starting gunicorn 20.1.0 [2023-08-12 00:16:09 +0000] [36905] [ERROR] Retrying in 1 second. [2023-08-12 00:16:10 +0000] [36905] [ERROR] Retrying in 1 second. [2023-08-12 00:16:11 +0000] [36905] [ERROR] Retrying in 1 second. [2023-08-12 00:16:12 +0000] [36905] [ERROR] Retrying in 1 second. [2023-08-12 00:16:13 +0000] [36905] [ERROR] Retrying in 1 second. [2023-08-12 00:16:14 +0000] [36905] [ERROR] Can't connect to ('0.0.0.0', 80) (doccanopy310) ubuntu@ip-172-30-33-321:~$ 再現するには:AWS EC2インスタンスを起動し、次のコマンドを実行します。 Doccanoをインストールしました。 # Install conda wget https://repo.anaconda.com/archive/Anaconda3-2023.03-1-Linux-x86_64.sh bash Anaconda3-2023.03-1-Linux-x86_64.sh -b if ! [[ $PATH =~ "$HOME/anaconda3/bin" ]]; then PATH="$HOME/anaconda3/bin:$PATH" fi conda init bash source ~/.bashrc # create conda env and install doccano conda create -n doccanopy310 python=3.10 anaconda conda activate doccanopy310 pip install doccano ドッカノを始めるために公式文書)。私は走る: # Initialize database. First time only. doccano init # Create a super user. First time only. doccano createuser --username admin --password pass # Start a web server. doccano webserver --port 80 別の端末で実行してください。 # Start the task queue to handle file upload/download. doccano task Doccanoにポート8000​​を提供するように頼むとうまくいきます。 (doccanopy310) ubuntu@ip-172-30-33-321:~$ doccano webserver --port 8000 [2023-08-12 00:21:53 +0000] [37206] [INFO] [django_drf_filepond.apps::ready::61] App init: no django-storages backend configured, using default (local) storage backend if set, otherwise you need to manage file storage independently of this app. Starting server with port 8000. [2023-08-12 00:21:53 +0000] [37206] [INFO] Starting gunicorn 20.1.0 [2023-08-12 00:21:53 +0000] [37206] [INFO] Listening at: http://0.0.0.0:8000 (37206) [2023-08-12 00:21:53 +0000] [37206] [INFO] Using worker: sync [2023-08-12 00:21:53 +0000] [37207] [INFO] Booting worker with pid: 37207 [2023-08-12 00:21:53 +0000] [37208] [INFO] Booting worker with pid: 37208 [2023-08-12 00:21:53 +0000] [37209] [INFO] Booting worker with pid: 37209 [2023-08-12 00:21:54 +0000] [37210] [INFO] Booting worker with pid: 37210 [2023-08-12 00:21:54 +0000] [37211] [INFO] Booting worker with pid: 37211 私見ませんでした。ポート80を使用するすべてのプログラム: debug to see which ports are being used: From within the machine netstat -ntlp / netstat -nulp will show all open TCP / UDP ports (and associated programs) respectively. (doccanopy310) ubuntu@ip-172-30-33-321:~$ netstat -nulp (Not all processes could be identified, non-owned process info will not be shown, you would have to be root to see it all.) Active Internet connections (only servers) Proto Recv-Q Send-Q Local Address Foreign Address State PID/Program name udp 0 0 127.0.0.53:53 0.0.0.0:* - udp 0 0 172.30.33.321:68 0.0.0.0:* - udp 0 0 127.0.0.1:323 0.0.0.0:* - udp6 0 0 ::1:323 :::* - (doccanopy310) ubuntu@ip-172-30-33-321:~$ netstat -ntlp (Not all processes could be identified, non-owned process info will not be shown, you would have to be root to see it all.) Active Internet connections (only servers) Proto Recv-Q Send-Q Local Address Foreign Address State PID/Program name tcp 0 0 0.0.0.0:22 0.0.0.0:* LISTEN - tcp 0 0 0.0.0.0:8000 0.0.0.0:* LISTEN 37206/python tcp 0 0 127.0.0.53:53 0.0.0.0:* LISTEN - tcp6 0 0 :::22 :::* LISTEN - (doccanopy310) ubuntu@ip-172-30-33-321:~$ 環境: Ubuntu 22.04.2 LTS(GNU/Linux 5.15.0-1039-aws x86_64))。

Admin

Ubuntu Budgieウィンドウ/UI停止の問題
ubuntu
window-manager
freeze
budgie

Ubuntu Budgieウィンドウ/UI停止の問題

私はX11でUbuntu Budgie(Ubuntu 22.04.3 LTS)バージョン10.6.1を使用しています。 ノートブックは、Intel 7 8thおよびNvidia 1050 GPUを搭載した旧型Dell G15です。 時々、Plankツールバーとシステムツールバーのアイコンは白い長方形に置き換えられます。 また、ウィンドウの閉じるボタンと最小化ボタンが消えます。 その後、システムが完全に故障するまでアプリが停止し始め、リセットボタンを押して終了する必要があります。 ディスク(正常に報告された状態)とRAM(Memtest 86+ 2.5時間、すべてが正常である)を確認しました。 この問題の原因は何であり、ソースを絞り込むためにどのログファイルを確認する必要があるのか​​を知っている人はいますか? 編集する: 合計8時間ほどエラーなしでmemtestを再実行しました。 fsckを使用してファイルシステムの破損があるかどうかを確認しましたが、すべてがきれいでした。また、smartmontoolsを使用してディスクの状態を再確認し、長いテストで何度も試しましたが、すべてが正常でした。この停止現象はマザーボードのハードウェアの問題に関連している可能性がありますか?この問題の原因を見つける方法に関する提案はありますか?

Admin